糖 質 カット お茶

糖質カットにお茶は効果的!?

 

 

糖質カットをしていくうえで、お茶は有効であるか?という事ですが。
お茶にはカテキンが含まれており、最近有名になっていますが、このカテキンは糖質の吸収を抑える役目があります。
実際は糖質の分解を抑える役目で、糖質の分解を抑えると、目が粗いため吸収しにくくなる結果、糖質が吸収されづらくなり、脂肪が増える事を抑えているのです。
糖質を摂っても、糖質が吸収されづらくなるという事ですね。
そうなると、ダイエットによって食事制限をしていれば、今までよりも脂肪燃焼率が上がるので、脂肪燃焼とうたわれる場合もありますが、実際は糖質の吸収を抑える、あるいは、糖質の分解を抑えるという事なのです。

 

 

このカテキンはポリフェノールの仲間と言われていて、ポリフェノールでいうと赤ワインが代表的です。
赤ワンを主に飲むヨーロッパの地域では、肉やパン、パスタなどの高カロリーで糖質も多い食事ばかりだが、赤ワインのポリフェノールによって糖質の吸収を抑えているとも言われています。
また、ポリフェノールには発がん性物質を抑える役目もあるとされていて、がんの発生率が下がるとも言われています。

 

 

そうした事からカテキンも充分に効果が期待できるので、日本古来より親しまれているお茶は食事の後に頂くのが最適と言えますね。